社員インタビュー

【技術部】
用地補償課

信頼関係を築くことがわたしのやりがいです。
だれよりも信頼される技術者を目指します。

入社をしようと決めた理由を教えてください。

鹿児島市内でコンサルタント業務を行っているとのことでしたので、会社見学をさせて頂きました。
その際、設計の方々が作成していたCAD図面を見て、『この仕事、面白そう!』と直感的に思い志望しました。

現在の業務内容を教えてください。

用地測量における法務局調査、土地の境界立会、境界確認、分筆登記のための図面、資料作成を行っています。
用地作業は、直接地域の方々と関わる機会の多い仕事です。

休日の過ごし方や、趣味があれば教えてください。

友人とカフェで温泉巡り・海外旅行の計画を立てたりして過ごしています。

どんなときに、やりがいを感じますか。また、これまでの仕事で印象に残った出来事やエピソードを教えてください。

用地作業は『皆様の財産を扱う仕事』になります。
土地の境界を決定する際に、その内容について理解を得られるような説明や交渉はとても重要です。
そこが腕の見せ所でもあり、境界トラブルを解決するきっかけとなることもあって、感謝されることもあります。責任ある仕事だからこそ『やりがい』を感じられます。

今後の目標を教えてください。

現在は内業(図面や資料作成等)を主に行なっていますが、今後は外業も視野に入れ、女性だからこそ現場で出来る地権者とのコミュニケーションや現地での測量等もできるようになり、マルチに活躍出来る技術者を目指したいです。

みなさんに
メッセージ

自分がどんな仕事をやりたいか具体的に考えると良いと思います。少しでも興味があれば訪問して説明を沢山受けてみましょう。
沢山悩み、沢山考えて自分が好きで興味のある職種につけるよう、頑張ってください。

大判の図面を広げ、計画地全体の土地の形状を確認する。
境界立会いに必要となる図面作成をおこなう。

ある一日のタイムスケジュール

8:30

出社

10:30

境界立会い

12:30

昼休憩

14:30

報告書作成

17:30

帰宅

ページトップへ戻る