建設コンサルタントとは国のグランドデザイナー、それが建設コンサルタント

「国のグランドデザイナー?それって言い過ぎじゃないの…」
と言われるかも知れません。しかし、私たちはいつもそれぐらいの誇りを持って仕事に取り組んでいます。

建設コンサルタントは一言でいって内容が多岐にわたり、しかもなかなか一般の生活者の皆さんと直接関わることが少ないため「どんな仕事?」と尋ねられることが多い仕事でもあります。

建設コンサルタント

建設コンサルタントとは、

等の技術サービスを提供する専門家および専門家集団(企業)のことを言います。
また、「社会資本」と一口に言われてもこちらもわかりにくいかもしれません。社会資本とは、俗にインフラとも言われますが、人々が生活や産業活動をするうえで欠かせない基盤的なことを指します。具体的には下記のようなものです。

河川、橋梁、ダム、公園・緑地、上・下水道施設、鉄道・道路、通信施設、エネルギー関連

建設コンサルタントは、
国や自治体から委託を受けて、その技術的パートナーとして、事業の企画段階から管理までの段階に関わり、「国民が必要とする良質な社会資本の提供」を目的として、高度な専門技術を活かしたコンサルティングサービスを行っているのです。

確かにその存在は目に見えにくいけれども、まさに“国民の生命や財産を守り、安心・安全を提供する国土づくりのグランドデザイナー”なのです。

国土づくりのグランドデザイナー

消費者の役に立つという誇りを胸に、やりがいのある仕事をしています

建設コンサルタントの仕事は、非常に専門性の高い仕事です。しかも、公共事業に従事しているため、業務の遂行に当っては受益者・使用者である国民のニーズを的確に反映し、計画的、公正・公平、そして効率的に業務を行うという高い職業倫理観が求められます。

また、皆さんも報道などでよくご存知だと思いますが、近年建設関連業は国や自治体の緊縮予算化や受益者である国民の公共事業に対する価値観の変化に伴い今大きな試練を迎えています。

やりがいのある仕事

しかし、将来を見据えたときに本当に必要な社会資本(安全・安心な豊かな国作りの基盤)の整備という大事な役割はいささかも揺るぐことはありません。だからこそ崇高かつとても働き甲斐のある職業だといえます。ぜひこれから社会へと巣立たれる皆さんに大手を振って私たちの仲間になることをおすすめします。

consultant-img07

建設コンサルタントは事業者を支援するというある意味受け身的な役割を超えて、能動型の役割へ

建設コンサルタントの将来はどうなっていくか?ということですが、先ほども述べたように近年、社会資本整備を取り巻く状況が大きく変化し、単に調査すればいい、設計をすればいい、管理をすればいいだけではすまなくなりました。
それは事業者たる国や自治体が国民への説明責任を十分に果たすことが求められているからです。

コンサルタントの将来

このため、建設コンサルタントは事業者を支援するというある意味受け身的な役割を超えて、住民のコンセンサスを得るためのマネジメント業務を国や自治体に代わって担当する能動型の役割が求められるようになっていくと考えられます。

具体的に21世紀型の建設コンサルタント像として下記のような役割があります。
(建設コンサルタント協会資料より)

様々な自然災害から国民の生命と財産を守る基盤の整備

リサイクルやクールビズ運動をはじめとした省資源・省エネルギーの推進

未利用空間の活用や周辺環境を生かした都市の再生

わが国固有の自然や歴史と調和した個性豊かな地域文化の創造

物流基盤整備や都市構造の改善などの社会資本の強化と産業の強化

建設コンサルタント参考ページ(外部リンク)